FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

彼はご主人さま 15 

 彼は壁一面の道具が掛った場所まで行くと細い棒と大きな黒いバイブを持ってきた。
「これで栓をしてやろう」
 黒く光るバイブを私の膣にあてがうと、ぐっと一気に押し込めてきた。
「あああんんんんん!!」
 大きく固いものがぐちゃぐちゃ音を立てながら勢いよく入ってきて、奥の子宮口を強く叩かれる。奥までしっかり飲み込んだのを確認すると、彼は次に細い棒を持って私の襞を大きく広げ何かを確認している。
「やあぁぁ・・・何ですか・・・・こわいっ」
 細い棒を膣とは違うところに狙いを定めると、今度はゆっくりと角度を確かめるように挿入してきた。
「いたああああぁああああ・・・・・・いやああああああああああああぁああ・・・・」
 細い棒はあたしの膣の前方にある尿道に差し込まれていた。通常は外側から開かれるようなことは決してない小さな穴に棒が飲み込まれていく。冷たい棒がよけいそこに意識を集中させ、激痛と異物が侵入してくる違和感に襲われる。
「いやああああぁぁぁぁ・・・・・こわれるっ・・・こわれちゃぅううう・・・・」
 ぼろぼろに泣きながら彼にやめてもらえるように懇願するが、彼は手をとめる気配は一向にない。小さなスプーン程度の長さがあった細い棒は全て飲み込まれていった。
「痛がっていても、しっかり飲み込んでいるじゃないか。ひよりがお漏らしなんかするからいけないんだよ。分かっているね?」
「ひっ・・っく・・・うっ・・・・ええぇ・・・」
 子供のように泣いているあたしに言い聞かせるように彼は言う。
「せっかく飲み込んだ栓が落ちてこないようにこれで押さえようか。」
 そう言って、革製のもので股をおおわれるが、膣穴と尿道口が革で押さえつけられるだけで、びらびらが外に出てしまうくらい細い革だったため、恥ずかしいほど卑猥に秘部が一部隠れているだけだった。腰の部分で留め金をパチッと止め、Tバックで入れられた異物は取り出せなくなってしまった。
「ひより、淫乱なお前にふさわしいようにこの道具は特注で造らせたんだ。今みせてやろう。」
 手に持つリモコンの上のレバーを回すと、膣内にあるバイブがヴヴヴヴヴッと振動と捻りを加えた上下運動を始め、ぐっぐっと何度も子宮口を叩きはじめた。そして下のレバーを回すと、尿道に入っていた細い棒がブルブルと震え始めた。
「あああんっ・・・ひぃいいい・・・ぐっううう・・・・あああぁ」
 膣、尿道を責められ身体が仰け反りぐらぐらと動ける範囲で逃げ回るように揺れると、乳首とクリのクリップが意地悪く揺さぶられ、もう正気を保っていられなかった。
「だめええええぇぇぇ・・・・もういやぁぁぁあああ・・・・おかしく、なるううぅぅぅっっっ!!!!」
 激痛と快楽の両方を頭がおかしくなる程与えられ、涙と涎を垂らしながら何度も絶頂していた。意識もなく身体が痙攣し絶頂し続けていた。

 俺がリモコンのスイッチをマックスまで上げるとひよりは狂ったように絶叫し、何度も痙攣しながら仰け反り、しばらくするとがくりと頭がうなだれた。失神したようだった。
「最初から飛ばしすぎたかな。」
 失神したひよりを磔台がら外し、抱き上げてベットまで運んだ。ひよりは失神してもまだ痙攣している。特に下腹部がびくびくと動き、Tバックとバイブを外し、脚をM字に広げると膣口の襞もピクピクと蠢いている。おそらく中も痙攣しているに違いない。
「寝ている女に入れるのはあんまり楽しくないが、仕方がないか。」
 ぐっと俺の屹立した肉棒をひよりの中に押し進めた。乳首とクリ、尿道の道具はまだつけたままだ。振動もマックスにしてある。ひよりの奥までぐちょぐちょと入れると、中はぐにぐにと蠢き、俺の肉棒をきつく締めつける。中に中に誘うように蠢いている。
「これはすごいな。ひよりはやはり最高の女だな。」
 尿道のバイブの振動も子宮の壁を通じて伝わってくる。ぎゅうぎゅうと締めつける膣壁を堪能し、一気にひよりの奥を欲望のままに突きはじめた。
「ひっ・・・ぐっ・・・・ああ・・・・んんっ・・・・もういやあああぁぁあああ」
 強く突き続けると段々と喘ぎながらひよりが覚醒してきた。うっすらと目を開け、首を横に振りながらいやいやと泣きわめく。
「ひより、お前に拒否する権利があると思っているのか。またお仕置きを受けたいのか。学習しないやつだな。」
「ひっ・・・おねがい、ああぁあああ、しま、すっ・・・もう、お許し、ひぐっ、ください・・・・」
「そうだ。お前に拒否はできないんだ。お前に出来るのは許しを請うことだけだ。」
「ぐっ・・・ああああぁああ・・・・はっいいぃ・・・・」
 激しく注挿しながらひよりを逆らえないように貶めていく。

ーつづくー
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/17 Wed. 23:34 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/107-48afa530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。