FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

彼はご主人さま 7 

「さぁ、どうして欲しい?ひよりの膣穴からは汁が溢れてきてるぞ。」
「あぁっ、なんか熱いっ・・っ・・・。お願いします・・・・触ってください・・・」
 脚の付け根が熱く疼く。拘束された脚を何とか動かそうともぞもぞと腰が揺れる。
「尻が揺れてるぞ。どこを触ってほしいんだ。はっきり言いなさい。」
「っっあ・・・そんっな・・・」
「ひよりの淫乱でぐちゅぐちゅに濡れたマンコを触って、気持ちよくしてくださいだろう。言わなければずっとこのままだぞ。」
 あたしは泣きながら言われた言葉を繰り返す。
「いい子だ。」
 彼は脚の付け根に顔を寄せ、ひよりの秘部を舐めはじめる。クリトリスはぷっくりと勃ちあがり、ピンク色の中身をさらけ出している。大きく腫れあがったクリトリスに彼は容赦なく歯を立てる。
「ひゃぁあああああぁぁぁ・・・・」
 快感が脳天まで突きあげる。身体を大きく反らせがくがくと震えるひよりに構わず、尻を固定し更にクリトリスを責める。強く吸い、やさしく舐めあげ、時折鋭い歯で潰れるほど噛み、ひよりを追い上げていく。彼の執拗な攻めによって悲鳴を上げ続け目からは涙が流れる。そこだけを集中して弄ばれ、身体がどうしようもなく熱くなる。感じたことのない感覚がこみ上げ、膣も襞もひくひくっと蠢く。
「そんなにいいか。膣穴も尻の穴もぴくぴく動いているな。逝きたい時にどうやっておねだりするか教えてあげよう。ひよりのどこをどうしてほしいんだ。逝きたければお願いしなさい。」
「お願い・・・しまっ・・・ひよりの、恥ずかしい・・・アソコを触ってください・・・」
 顔を真っ赤にしながら懇願するひよりに俺の欲望が湧きあがる。

「ひっ・・・あぁ・・・・あああっ・・・」
 ひよりの潤った膣穴に中指をゆっくり沈めぐちゅぐちゅとかき混ぜ、解れ柔らかくなっていく膣穴を責める指を増やしていく。同時にクリトリスにローターをあて振動をあたえる。指がざらざらしたある一点を擦りあげると、ひよりは一際甲高い声で啼く。そこを執拗に責めると指を出し入れする度に愛液がぐしゅぐしゅと飛び散りながら出てくる。
「あああぁぁぁ・・・あくっ・・・・それ、やあぁ・・・ダメダメっ・・・なんかくるっ・・・ああっ」
「ここがいいのか。イけ。」
 ローターの振動を強に切り替え、男らしいふしばった長い2本の指で奥まで出し入れする。
「あああぁっ・・・いくっいくっ・・・なんか、でちゃうぅ・・・だめぇ・・・」
 泣き叫びながら、ひよりの身体は痙攣し潮を吹きだした。
「初めてで潮をふくとはな。ひよりは淫乱だな。」

-つづく-
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/07 Sun. 16:07 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/12-dba07e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。