FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

彼はご主人さま 9 

「ひより、俺がお前の初めての男だ。しっかりと身体に刻み込め。」
 彼の赤黒い怒張した肉棒は太く長く天を向き、初めて見る男の凶器に恐怖と緊張で身体が強張る。あんな大きなものが身体に入ると思うと、信じられない気持ちでいっぱいになる。
「お前の身体は小さいからな。俺のは普通の女でも全部入れるのが難しいくらいだから、お前の場合は相当痛むだろう。お前が俺のもので泣き叫ぶ姿を思い浮かべるだけで興奮するな。俺は愛しい女を苛めて弄び、啼かせることでこの上なく快楽と愛情を感じるんだ。お前にも慣れてもらわないとな。」
 恐ろしい事を言いながら、もうこの人からは逃げられないのかもしれないと絶望感に打ちひしがれる。仰向けにされ脚を肩に突くくらいまで広げて持ち上げられる。彼の肉棒は淫裂に沿って上下に擦りつけられ、クリトリスを刺激されると、先程の快感がよみがえってくる。しばらく淫裂を擦られ、膣穴の入口に入れたりクリトリスをぐりぐりと刺激することを繰り返すと、
「十分に濡れているし、そろそろ挿れるぞ。」
 肉棒が膣穴にメリメリと入り込んでくる。指2本で解した程度では太い肉棒を入れるには、まだまだ膣穴は小さすぎた。ひよりは襲いくる痛みに悲鳴を上げ、身体が引き裂かれるのを感じた。
「あああああああぁぁぁぁぁぁぁ、ひっあああぁぁぁ、、、いたぁぁぁぁぃぃぃ、、、やめてぇぇぇ、、、、ひぃ」
 彼はひよりが泣き叫ぶのも構わず、逞しい肉棒をそのまま推し進める。ひよりの悲鳴はとまらない。見開いた目からは涙がぼろぼろと零れている。半分も挿れてないところで、彼の動きが止まった。
「っっは、、、あっ、ぐぅ、ああっ、、、ひぐっ」
「やっぱり狭いな。ひより、力を抜け。まだ半分も入っていないぞ。」
 ひよりの力を抜かせる為に、乳首とクリトリスを優しく刺激する。軽く刺激するだけで、真っ赤に勃起した突起はひよりに強烈な快感を与え、身体が跳ね、力が抜ける。その隙にぐっと肉棒を押し込んだ。これ以上入らない奥の壁まで挿入する。
「っはああぁぁぁ、、、、ひいぃぃっ、、、、」
 身体の中に大きく異質なものが入り込んでくる。串刺しにされそうな恐怖と痛みに、ただひたすら喘ぎ、唇の端からよだれが垂れる。身体は自分のものではないような感覚で、彼に人形のように支配されている。
「ここまでか。ひより、分かるか。お前の膣の奥まで俺の肉棒が埋まってるぞ。まだ半分ちょっとしか挿ってないな。段々と膣を抉ってもっと奥まで挿入できるように調教してやるからな。」
 しばらく膣の中でぎゅうぎゅうと締め付ける感触を味わってから、赤黒く張り詰めた怒張を出し入れしだした。挿入は徐々に速度を上げ、膣の奥に叩きつけるように動く。

-つづく-
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/09 Tue. 15:18 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/15-52028276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。