FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

彼はご主人さま 20 

「失礼いたします。お夕食をお持ちしました。」
 ボーイが部屋に入ってくると部屋の主はリビングの椅子に座っており、他には誰もいないように思えた。
「お夕食は2名様分と窺っていますが、ご準備してよろしいでしょうか?」
「構わない。テーブルに置いておいてくれ。」
「かしこまりました。」
 その時テーブルの下でもぞもぞと動く音が聞こえた。クロスの中に誰かいるように影が動いている。ボーイは部屋で何か感ずいたようだが、部屋で何があろうとお客さまに関することは口出ししないのが決まりだ。
「うぅっ・・・・ぅえっ・・・えっ・・・」
 クロスの下で懸命に奉仕するひよりの頭を撫で、喉の奥まで咥えるように頭を強く押し付け、彼女が苦しげにえづくと力を緩めてやり、また押し付ける。喉を塞がれて収縮するように動き俺の先端を締めつけ、口腔はえずく度に舌が動きまわり、彼女を征服していることに気分が高揚し、俺の肉棒は益々膨れ大きくそなっていく。
「おい、後はこっちでやるから行っていいぞ。」
 テーブルにコースを並べているボーイに出ていくよう促す。
「はい、かしこまりました。」
 ボーイが部屋を出ていくと、クロスを捲りひよりの顔を覗き込む。涙と涎を垂らしながら奉仕する姿に満足し、より強い快楽を得ようと彼女の口を使った。
「涎をだらだらと垂らして、淫乱な雌の顔になってるな。もっと強く吸って、舌を使え。」
「うぐぅぅぅ・・・えぐっ・・・うう・・・」
「しっかり奉仕しないと、いつまでも終わらないぞ。」
 何時間も咥えさせていたせいか、口がマヒしているようにされるがままになっている。目は焦点があってない状態で、突き上げるたびに嗚咽を漏らしている。
「もう限界か・・・。ひより、バイブを落としたお仕置きにお前の口をつかってるんだぞ。まだ1度しか出していないのに根をあげてるんじゃお仕置きにならないな。」
「ヴヴヴヴっっ・・・・ぐぐうううぅぅ・・・・」
 限界だと感じた俺はひよりの口腔から肉棒を引き抜くと、テーブルの下からだし、椅子に座った俺の上に後ろから抱き込むように座らせた。
「ひああああぁぁぁぁぁ!!!!」
 バイブを引き抜き一気に肉棒を膣に沈めた。ひよりの脚が宙をかき肉棒で突かれる一点だけで体重を支えている。肉棒が子宮を突き破る勢いで飲み込まれ、軽い彼女の身体を持ち上げ何度も肉棒の上に落とす。
「あああ!!!ひぐうううう!!きゃああああ!!!」
 普段でも肉棒の根元まで咥える事が出来ない小さい膣に体重が掛る事で信じられないほど奥まで飲み込み、突き上げるとひよりの腹部がぽこりと膨らむ。肉棒の形がわかるように子宮を押し上げ腹部を押しつぶし膣口は限界まで広がっている。
「いやあああ!!1ぐううう!!!たすけてぇ!!!やめっ!!!ひいいい!!!」
 ひよりの鳴き声を聞きながら肉棒を咥えこみぽこりと膨らんだ腹部を撫でてやる。苦しみ泣きわめく姿も俺をそそり、もっと鳴かしてやりたくなる。
「苦しいか。ぐちゃぐちゃと濡らしながら突き上げるたびに潮を吹いてるんだから、気持ちいいんだろ。」
 激しく出し入れをすると子宮の奥が収縮しきゅうきゅうと締めつけられる。
「口で奉仕できなかった分もこっちの穴で出してやるからな。今日は俺が満足するまで突いてやる。」
「はぐううぅぅぅx!!!かはっ!!!ああああ!!!ぐううう!!!」
「せっかく用意させた夕食が冷めてしまうな。」
 ワインを口に含んでひよりに口づけ、飲ましてやる。
「何が食べたい?食わせてやるよ。」
「ひぐうううぅぅぅ!!やめてぇ!!!あああ!!」
 口の端からワインが伝い、垂れ流しながら許しを請うひよりは可愛らしく、顔を後ろに向かせて顔中にキスを落とす。片手で尖った乳首とクリを優しく撫でると身体を仰け反らせてびくびくと震える。
「食べたいものはないのか?腹が減ってるだろう?」
「あああ!!そんなっ・・・むりいいぃぃぃぃ!!!ひぐううぅぅ!やめ!!」
「そうか、俺のモノを咥えこんで腹がこんなに膨らんでるからな。これ以上入れたら壊れるかな。」
 奥深くに叩きつけるように突きあげるとひよりの腹部は衝撃で波を打つ。
「もっとたくさん突いて気持ちよくさせてやるからな。しっかり感じろ。」

ーつづくー
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/10 Sat. 20:49 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 2

コメント

続き楽しみにしてます!!
更新待ってます!!

#- | URL
12/03 01:26 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
12/26 06:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/155-293fd4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。