FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

彼はご主人さま 26 


「んぅぅ・・・ぐぅ・・うぅ・・・」

彼の脚の間に跪き、手を首の後ろに組み、口だけで奉仕を続けている。彼の大きな手が私の頭を押さえて時々深く喉奥まで衝かれる。嘔吐しそうになりながらも、必死に耐え、早くイってくれるように太く長い凶悪なものに舌を這わせる。

「そうだ。口を窄めて全体で吸ってみろ。舌を裏筋に這わせて頭を上下するんだ。」

「はぐっ・・・ううぅ・・・」

喉の奥まで衝かれる度に、粘り気のある唾液が溢れ、口端から垂れてくる。彼のモノも私の口の周りも唾液でベトベトで気持ち悪い。鼻で一生懸命息をして、歯を立てないように必死になる。

「っ・・・やめろ。歯が当たったぞ。」

後頭部をもって頭を引き剥がされる。

「ぷはぁっ・・・」

はぁはぁと荒い息を整えながら、彼の次の行動に怯える。

「上手くなるまで暫くはフェラはこれをつけてやろう」

引出から丸い穴が開いたベルトのようなものを出してきて、私の口に嵌めこみ、ベルトを頭の後ろで止めた。口を開けた状態で、鉄の丸い金属が口の中に入り、歯が完全に封じ込まれた。ただ、喉奥までを大きく口を開けて見せてる状態。

「うぐぅぅっぅう・・・・」

苦しい。顎が痛い。動かせない口からは唾液がダラダラと零れてくる。

「いい恰好だ。ピンク色の喉奥までよく見えるぞ。こう見るとお前のもう一つの膣のようだな。口も膣も尻の穴もどこでも俺のを美味しく銜え込めるようにすぐしてやるよ。ほら、続きだ。」

彼の座る椅子の真ん中にまた口を押し付けられ、ぐっぐっと喉奥に差し込まれる。彼の長大な剛直は太くて口の中に隙間がないくらいに塞がれ、長くて喉奥まで銜え込んでも全部は入りきらない。

もう入りきらない奥まで入ってるのに、彼はまだ頭を押さえつけて奥に差し込もうとしてる。ぐうぅぐうっと声にならない音をだしながら喉奥の更に先、食道まで入っていくんじゃないんかって気が遠くなる苦しさ。

「どうした?まだ全部入ってないぞ。奥まで入れるディープスロートも覚えて自分でできるようになれよ。」

「ぐぅぅぇぇぇ・・・・」

口を離された瞬間、胃の中の物が全て出てきてしまった。あまり食事をしてなかったので、ほとんどは胃液だった。つーんとする匂いに溢れて、空気が足りなくて眩暈がする。

「ひより、汚してしまったな。俺のスーツも台無しだ。お仕置きしような。こっちへおいで。」

「やっ・・・こめんははぃ・・・ゆうしけ、くらはい・・・」

封じ込められた口で一生懸命許しを請う。泣きながら床に蹲っても彼は容赦なく、私を抱き上げて隣の部屋のシャワーブースへ運ばれた。

社長室の隣にはシャワーブースとトレーニングマシンなどが置いてある部屋があった。

汚れた服を全て脱いで、シャワーで洗われ、部屋を出る。車輪に足を乗せて漕ぐようになっており、その椅子部分には大きなディルドゥが置かれてる。なぜこんなものが社長室にあるのか、頭が痛くなる・・・

「せめてもの優しさだ。先に少し濡らしてやろう」

クリトリスについたピアスをカリカリと引っかかれ、その刺激と痛みに背中が仰け反る。この痛みとも取れない快感にすぐ反応して中からじわっと蜜が垂れてくるのが分かる。

濡れた秘部に大きなディルドゥを差し込まれ、尻の穴にも丸い玉がいくつも連なった20cmはあるものを押し込まれる。そのまま、全裸で自転車のような器具に縛り付けられた。

「ひっ・・・おっきひぃれす・・・はいんな・・・・」

「嘘付け。ズブズブと入ってくぞ。美味そうに飲み込んでる。尻に穴にもこれをいれてやろう。」

「ひぐぅ・・・いたぁ、い・・・やめ、へぇ・・・」

手は後ろ手で縛られ、椅子の上でバランスを取るのに腹筋に力を入れざるを得ない。力を籠めれば中にあるものを否応なく締め付け、敏感な内壁を刺激する。

散々教え込まれた快感のツボであるGスポットをいくつも同時に押され、奥の子宮口までぐっと押し上げる大きな異物。

「楽しみはこれからだ。足でペダルを漕ぐんだ。遅くなれば馬のように鞭でペースを上げてやろう。」

一本鞭を振りかぶって白い尻に打ち付ける。派手な音が響く度にくぐもった悲鳴とともに赤い鞭痕が切り刻まれてく。

「きゃあああああぁぁぁっっっ!!!!!」

泣きながらペダルを漕ぎ始めるひよりに、一旦鞭は止められた。

「そうだ。いい子だ。そのまま良いというまでペダルを漕いでろよ。」

唸りながら必死にペダルを漕ぐひよりは可愛い。上半身のバランスが難しいのかぐらぐらと揺れながら時折背中を反らせては頭を振りかぶって苦悶の表情を見せる。

「可愛いぞ。ひより。その艶やかな顔をもっと見たい。けど間もなく昼休みも終わる。そろそろ戻らないとな。」

器具から外されて、降ろされると、再度彼の剛直の前に跪くように座らされる。

「さぁ、もう一度ディープスロートをがんばりなさい。もう吐くんじゃないぞ。」

そう言う彼に嗚咽をかみ頷き、嵌められた鉄の口枷に彼のモノを差し込み喉奥まで飲み込む。頭を抑え込まれてはいないが、喉奥までできる限り深く入れ、上下に擦り、舌で刺激する。早く彼にイってほしくて、彼が次の行動に出る前に早く終わってほしかった。

「いい子だ。奥まで飲み込んで、舌を使え。出してほしいか?」

「ぐぅぅ・・・はっ・・・い・・・うぅぅ・・・・」

咥えたまま上目遣いで懇願する。

「よし、いいだろう」

頭を抱えられると、腰を思いっきり降りだし、まるで性行為のように力強く、速く出し入れされる。喉奥にあたる衝撃は子宮口に当たる刺激のように感じ、脳が麻痺してくると私の秘部から汁がタラタラ垂れるのを感じる。まるで中を衝かれているようだった。

「喉奥が感じるか、淫乱。床にお前の蜜がシミを作ってるぞ。どんどん溢れてくるな。お漏らしでもしてるのか。」

「ぐげぅ・・・・うぐ・・・うぅ・・・」

苦しくて目の前が霞んできた時に、喉奥に酸味のあるものがドクドクと溢れるのを感じた。喉で撥ねる剛直に私の中も収縮を繰り返し、ビクビクと痙攣してる。

「イラマチオでイったか。本当に俺好みのマゾだな。」

引き抜かれた時、ガクリと床に倒れた。
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/10 Tue. 15:28 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
05/15 20:25 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
05/21 09:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/193-d2e07a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。