FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

彼はご主人さま 10 

10
 身体が引き裂かれる痛みが徐々に感じたことのない快感に変わっていく。乳首やクリから感じるビリビリとした快感ではなく、ずんずんと重い鉛を撃ち込まれているような身体の奥からじわりじわりと熱くなり、もっと強く突いてほしいと感じていた。
「ああっ、あぅ、あぁ、ああ、んっ、あっ」
 奥を突かれるたびに身体が熱くなっていく。
「どこが一番気持ちいいんだ?ここか?」
 彼は腰をまわしながら子宮口付近をぐりぐりと突いてくる。
「ひああっ、ああっ、あひっ」
 子宮口のあたりを集中的に突かれていると、突然身体が跳ね上がるような快感に襲われる。
「ここが気持ちいいんだな。俺のが子宮口まであたってるぞ。突くたびに膣がぎゅるぎゅると収縮するな。いい締めつけだ。」
 そういうと、一番感じる身体の奥深くから膣口のあたりの気持ちいい場所を抉りながら、何度も激しく注挿してくる。
「ああっ、あくっ、あっ、あん、んんっ、そこ、だめぇ、、、ああっ」
 ぐちゃぐちゃと激しく挿していた肉棒を突然秘部のあたりで止め、ゆるゆると焦らされる。
「気持ちいいんだろ。どこが気持ちいいんだ?言ってみろ。言うまでこのままだぞ。」
「あっ、あん、そんな・・・」
「ひより、もっと突いてほしければ、ちゃんと言葉でお願いしろ。」
「っく・・・」
 もっと強く突いてほしい。太い肉棒をガンガン挿れて何も考えられなくしてほしい。焦らされ、堪え切れなくなったお尻がもぞもぞと動く。でもそんな恥ずかしいことは言えない、と目を見て必死に訴える。
「どうした。言わなければずっとこのままだ。」
 ひよりは顔を真っ赤にしながら
「お願いします・・・ください・・・」
「何をだ?」
「いれてください・・・」
「どこに、何を。ちゃんと言いなさい。」
「ひよりのここに・・・その・・・・おっきいのをください。」
「不合格だ。ひよりの淫乱な汁が溢れているマンコに、ご主人さまの大きいチンコをいれてください、だ。」
「はい・・・。ひよりの・・・淫乱なマンコに、ご主人さまのおっきいおちんちんをいれてください・・・・」
「いいだろう。次からは教えなくても自分で言えるようにしろよ。」
 彼は太く逞しい肉棒を一気に押し込んでくる。ガンガンと子宮の奥にまで届く長い肉棒は全部が入りきらず、あたしの身体の奥を抉っていく。
「ああぁ、ああ、あくっ、ひっ、きもち、いぃ」
 待ちわびていた固い肉棒に深く抉られる度に身体が反り返る。
「あああぁぁ、いっちゃっ、いっちゃぅぅ・・・からだが、あつぅいいぃ・・・」
「さっき教えただろう。逝く時は許しを請うんだ。」
 そう言いながら、あたしの弱い部分を強く抉り続け、何も考えられなくなった。
「きゃあああぁぁぁ・・・・ああああああっ・・・」
 お腹が激しく痙攣し、足先から指の先までぴくぴくと動き、いうことをきかない。
「許しもなく逝ったな。罰だ。そんなに逝きたいなら、存分に逝かせてやる。俺はまだいってないからな。楽しませてもらおう。」
 身体の痙攣も治まらないうちから、ずんずんと勢いは止まることなく太く大きい肉棒で突かれ続ける。

 何時間たっただろうか彼はあたしを膝の上に背を向けて乗せ、膣の奥を突き続けている。私が絶頂に達した後、正上位でそのまま何度も絶頂させられ、やっと彼は自身を解放した。やっと終わったと安堵していると、彼はあたしの中ですぐに回復すると、また激しく注挿し始める。気を失いそうになると四つん這いに這わされ、深く抉る。ベットに顔を伏せ、後ろからの突きに堪えていると、赤く腫れあがったクリを捏ねまわし、捻り、さらに痛めつけていく。
 痛みと快感の中で、意識が遠のくとお尻を激しく叩かれた。身体はだんだんとベットの上を這いあがっていくと、彼に逃げるなと言われ、肩を押さえつけられ一層激しく突かれた。
 何度絶頂したかわからない、痙攣する身体を起こされ、膝の上に幼い子のように抱き込まれ、人形のように挿かれ続けた。
 途中で乳首とクリにローターをテープで貼り付けられ、膝の上で自らの重みでより一層深くささる肉棒に、もう逝きたくない、許してほしいと何度も彼に懇願した。
「だめだ。もっと俺のものだと自覚するまで、この形を覚えるまで、躾てやる。愛液と潮を溢れさせて、淫乱なマンコをしてるんだ。こうしてしっかり調教してやらないとな。ひより、可愛いひより、もっと鳴け。」
「あぐっ、ひぐ、うぅぅ、ああ、あくっっ、ゆるしてぇ、もぅ、ゆるぢてぇ・・・・」
 彼は私の中で数回果てていたが、抜かずにそのまますぐ回復してあたしを攻め続けていた。愛液とあたしが噴いた潮と彼の精液が混ざって白く泡立ち、垂れ、シーツを汚していた。

 窓からオレンジ色の朝焼けの光が差し込んできたが、まだあたしは何度も気絶し、失神させられながらも身体を揺すられていた。膣に入れたまま、抜かずに何度も連続して責められ続けた後、途中何度か彼は肉棒を抜いてクリだけで潮を数回吹かせられ、バイブを入れたまま口に彼の肉棒を抜き差しされ、また膣に入れて激しく突かれ、と何度も繰り返し、気が狂いそうな苦しい快楽地獄に落とされた。
「ぐっうぅ・・・はっああぁぁぁ・・・ヴぅぅぅ・・もぅゆるしてぇ・・・」
「ひより、可愛いな。俺を好きだと、これからは俺がお前のご主人さまだと言え。そうすれば、今日はここまでにしてやろう。」
 彼が言うとおり、もうあたしにはこの人しかいないんだと実感した。この人にはずっと逆らえない。それは最初に会ったときから感じていた感覚だった。上司だからだと思っていたが、そうではなく、自分の本能でこの人に逆らえないんだと感じた。
「ああぁ、あくっ、はっ、はぃ、ぶちょおが、すきっ、ですぅ・・・ぶちょぉが、あたしの、ごしゅじんさまですっ・・・」
「そうだ。俺の傍を離れるな。」
「いけ。」
「ああああぁぁぁ、、、、ひっあぁぁぁっっっ」
 度重なる絶頂に全身がビクビクと痙攣し、彼の肉棒からどくどくと精子がでているのを膣奥で感じた。そのまま、意識が遠のいていった。

ーつづくー
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/12 Fri. 00:23 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/52-54cfb588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。