FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

拾われた猫 2 

 朝日で目を覚ますと、部屋に明るい日差しが差し込んでいた。久しぶりにゆっくり寝た気がした。リビングに行くと、昨日拾った猫がソファの上で丸くなっている。ベッドで寝ろと言ったのに、いつの間にソファで眠りこけたんだろうか。ぐっすりと寝むって目を覚ます気配はない。リビングも外からの日差しでぽかぽかと丁度いい気温に暖かくなっていた。
「こんな明るい中、よくぐっすり寝れるな。」
 独り言を呟きながら、朝食の準備をした。朝は和食派だ。昔から何でも自分でこなしてきた性格から、朝食も自炊でちゃちゃっといつも用意してしまう。一人分も二人分も作る手間は変わらない。猫は和食が好きかななどと柄にもないことを考えながら、ご飯を炊き、味噌汁、卵焼き、鮭を焼き、和えものを軽く作ると朝の和食膳が出来上がった。
「完璧だな。」
「ひとりごと?」
「おわっ!!」
「何だいたのか、驚かせるな。」
「おはよう」
「ああ、おはよう。朝食が出来たぞ。テーブルにもってけ。」
「おいしそう。。。。」
 指で唇を押さえながらじっとご飯を見つめている。
「お前の分もちゃんとある。早くもってけ。」
「わかった」
 リビングとキッチンを行ったり来たり往復して、二人分の食事を運んでいる。明るい光の中で再度彼女をまじまじと見ると、幼いと思っていた顔立ちではあるが、きれいな大人びた顔の造りでもあると思った。
「こりゃあ、将来化けるな。」
「なに?」
「なんでもないよ。いただきます。」
「いただきます。」
 行儀よく挨拶すると、大人しくご飯を食べ始めた。野菜が嫌いなのか、ほうれん草の和えものを避けて鮭とご飯、卵ばかりを食べている。
「ほうれん草も食え。野菜食わないとブスになるぞ。」
「べつにいい。食べたくない。」
 我儘をいいながら、味噌汁を啜っている。
「それで?これからどうするんだ?」
「泊めてくれてありがとう。今日出て行くから。」
「行くのか?どこに?」
「どこか知らないところ。」
「またわけわからんことを・・・」
「昨日私のこと抱かなかった。お金稼げない。飼ってもらえない。」
「お前がほしいだけやると言っただろう。いくらほしいんだ?その代り、どこにいくのかちゃんと教えろよ。」
「私のこと抱かない。捨てられる。」
「捨てられるって・・・。んな訳あるか。話が全然通じねえな。」
「ごちそうさまでした。」
 ちゃんと挨拶をしてご飯を終えると、片づけをした。

 部屋で着替えて戻ってくると彼女はまだソファに座って窓の外をじっと見つめていた。まるで本当の猫のようだ。
「俺は仕事に行かなくちゃならない。お前はここにいるか?」
 猫は外を見たまま首を横に振る。
「どこに行くんだ?金もないんだろう?行くところもないんだろう?」
 何も言わずに出て行ってしまいそうな、また外で眠りこけてしまいそうな猫に、なぜ俺を頼らないのか少し苛々しながら畳みかけるように言った。
「お前も来い。」
 そのままどこか行ってしまいそうな猫を無理やり引っ張り車に乗せ、職場まで連れてきた。話をしても要点を得ない、感覚が違う彼女をどうしようかと頭を悩ませる。だが何故かそのまま彼女を行かせる気になれない。目を離せない。

ーつづくー
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/13 Sat. 21:28 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/87-449c71bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。