FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

R18★彼はご主人さま★ 官能小説とSM動画リンク集

「っ、あぁっ、もう、許してぇ」ドS鬼畜上司に調教されるひよりの物語。SM・調教系動画も更新。

★更新履歴★

2017/1/12 彼はご主人さま27,28を更新しました。

2017/1/12 おすすめ小説・BL小説を増やしました。

2016/5/10 彼はご主人さま26を更新しました。

2016/5/9 彼はご主人さま23、24、25、拾われた猫4を更新しました。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

彼はご主人さま 14 

 あたしは一体どうなるんだろう。浣腸をされ汚いことも恥ずかしいことも全て晒してしまった自分はもう何も残されていない気がした。空虚な気分でボーっと彼の言われるままに動いていた。彼をご主人さまと呼び、ここに住むという選択肢は彼にとってはあたしに選ばせるのではなく、それ以外に道がないことを暗示しているかのようだった。これが彼の愛情表現なのだろうか。それとも本当に唯の奴隷のようなものなのだろうか。
「ひより、そのままこちらに来て、これを咥えろ。」
 言われるままベッドに座る彼のそばに寄り、彼の大きく起ち上がった一物に口を寄せた。舌で固い肉棒の横から舐め、ぺろぺろとしていると
「舐めていないでさっさと咥えろ。」
 彼に命じられるまま大きく口をあけて亀頭の先からゆっくりと入れていった。三分の一ほど口に入れたところでもう苦しくなっていた。
「歯を立てたらお仕置きだぞ。唇で出し入れしながら舌で舐めるんだ。時々吸い上げるように、やってみろ。」
「うぐっ・・・くっ・・・」
 苦しさを堪えながらゆっくりと頭を動かし、唾液で滑りやすくしながら舐め、吸い上げた。歯を引っ込めているのが口の筋肉を使い、すぐに疲れてしまった。でも休むことは許されていない。必死に口を動かしていた。ゆっくりとした慣れない動きに焦れたのか、彼は私の頭を両手で持つと上下に動かし始めた。
「はぐっ!!うううう!!!うごごぅぅぅぅぅうううう!!!」
 突然動かされたことで今まで以上に大きな肉棒が口の中を蹂躙し、喉の奥まで入ってくる。喉の奥を吐かれる度に胃液が出てくるような吐き気に襲われた。許しを請うにも話もできず、苦しい呻き声だけをあげていた。
「ぐううううぅぅぅぅっぅぅ!!!うううううううぅうぅっっっっ!!!」
 鼻での息もままならず、空気を吸うことができずに窒息しそうになり、気が遠のいていく。その時、ようやく肉棒を口から抜いてもらえた。
「奉仕とはこうやるんだ。俺が逝くまで続けろ。」
 そう言うと、また頭を強く押され肉棒を口に挿しこまれた。再度始まった激しい蹂躙に呻き、涙と涎をだらだらと垂らしながら、早く終わってくれることだけを祈っていた。
「うううううぅうぅぅっぅ!!!はぐううううぅぅうっぅ!!んんんんんんんっぅっっっ!!!」
 どのくらい続けたか、喉の奥を何度も突かれ、喉も口の中も痛くなっていた。疲れて思わず口の力が抜けてしまった時、ガリっと歯が当たってしまった。
「っ!」
 彼は小さく音を立て、口から肉棒を抜かれた。
「ひより、今歯を立てたな。奴隷のくせに主人に奉仕することもまともにできないのか。」
「はぁはぁ・・・・もうしわけ、ありません・・・」
 息を整えながら、次に来るお仕置きに恐怖を抱き誤った。
「そうか。そんなにお仕置きが好きか。お仕置きをする時はお願いをしろと教えただろう。覚えが悪い奴だ。」
「申し訳、ありません・・・・ひよりにお仕置きをしてください・・・」
「覚えの悪い奴隷にはどんなお仕置きが効果的かな。」
 そう言いながら、私の秘部に指を這わせてきた。秘部からはくちゅくちゅと音がする。
「ひより、奉仕しているだけでこんなに濡らしたのか。シャワーを浴びて奉仕しただけだろう。俺はどこにも愛撫などしていなかったはずだが?」
 何もされていないのに、苦しくて泣き続けていたのに、何故あたしは濡れているの。。。。その事実がショックだった。
「昨日まで処女だったとは思えない淫乱さだな。」
「っく・・・・」
 酷い言われ方をされて涙がぽろぽろと零れる。
「ひよりの淫乱な秘部にもお仕置きをしなければならないな。ひより、お願いをしてごらん。」
「ひよりの淫乱な秘部にお仕置きをしてください・・・」
「そうだな。歯を立てたこととお前の淫乱さが少しでもなくなるように躾しなければな。こっちにおいで。」
 彼に従い、四つん這いのまま着いていく。そこで初めて立ち上がる事を許され、磔台のようなものに両手両足を大きく開いた状態で固定された。
「これは痛いが、ひよりは我慢できるな?」
 そう言いながら、彼はクリップのようなものを持ってきてあたしの乳首につけた。
「きゃあああぁぁぁぁx!!!いたいっ、、、いやあ、、、、とってぇ!!!!」
 乳首を挟まれた瞬間、火花が散るかと思うほどの激痛が走った。赤く固く起ち上がった突起がクリップで挟まれ形が変形する。千切れてしまいそうだ。彼は反対側の乳首にも同じものを着けた。
「いっ!!!!!やああああああ!!!!いたい!いたぃ!!!!」
 身体をできる範囲で捩じり、身体を揺さぶり、激痛から逃れようとした。突起を押しつぶす痛みは半端ではなく、全身の神経がそこに集中してしまう。泣いても喚いても取ってもらえない激痛に身体は段々と感覚を麻痺してきたのか、逆に身体を動かすことで痛みが増すようになった。じっと耐えていると、
「今度はこっちだ。」
 そう言うと、あたしの秘部を片手で押し広げ、皮を剥かれ大きく敏感になったクリを優しく摩った。
「ああぁぁ、あん、んああぁ、っっ」
 乳首の激痛とクリの快感で、痛いのか気持ちいいのか頭が混乱する。クリを弄られているとじわっっと奥から何かが出てくる感覚がした。
「ちょっと触っただけで、愛液がじわじわと出てくるな。」
「あんっ、あくっう、、、」
 愛液を掬ってクリに塗りこまれるようにくるくるとまわりを擦られる。快感に酔っていると、彼はまたクリップを取り出し、クリにつけようとしていた。
「いやぁ、お願いぃます!!!痛いのはいやぁ!!!許して!!許してください」
「だめだ。これはお仕置きなんだから耐えるんだ。」
 そのままクリップで敏感なクリを挟みこまれ、ぐにっと形が変形する。
「きゃあああああ!!!!ああああああああああ!!!!!」
 今までにない絶叫をあげて気を失いそうになった。彼に頬を叩かれ、意識を無理やり戻される。昨日から散々苛められてきた真っ赤に充血したクリは触っただけでひりひりとしていたのに、クリップをとめられたことで全神経が集中し、激痛でのたうちまわった。ぽたぽたと音が聞こえる。
「ああああああああああああああ!!!!!!」
 気付かないうちにお漏らしをしていた。尿道からぽたぽたとしずくが垂れてる。
「勝手にお漏らしするとは、ひよりは本当にダメな奴隷だ。」
 彼は呆れたように言い、クリにとまったクリップを揺さぶる。
「ひひいいいいいいいいい!!!!いやああああああああああ!!!」
 揺さぶられる度に激痛が走り、全身が痛みで支配されていた。
「勝手にお漏らしするダメな子には栓が必要だな。」
 彼は口元に笑みを浮かべながら、あたしにキスをしてきた。

ーつづくー
スポンサーサイト

Posted on 2012/10/15 Mon. 15:35 [edit]

日記 (駄文)  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakura30saku.blog.fc2.com/tb.php/94-92f4745b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Profile★

★Novel Link★

カウンター

★Ranking★

月別アーカイブ

QRコード

★メールフォーム★

★相互リンク★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。